« 「コミック版」 | トップページ

2007-11-05

『鉄塔 武蔵野線』

Tettoumusasinosen_2 素晴らしい本だ。小説作品としてはもちろん、その容れ物である「本」としても。

『鉄塔 武蔵野線』  銀林みのる著 ソフトバンク文庫

日本ファンタジーノベル大賞受賞作として’94年に単行本が出たときには、小説としてはあまりに風変わりなその外見に腰が引けてスルー。

当時、あちこちで絶賛の声は聞いていたし、それらが口をそろえたように「空前絶後」とか「とてつもない」というような言葉で、この本が物語としても物体としての本としても「異形」であることに言及していることに、本読みの端くれとして興味もかき立てられはしたのだけれども……。
延々と並ぶ同じような鉄塔の写真が同賞の応募原稿の時点ですでに添えられていた(というより原稿の一部として組み込まれていた)という逸話に、なにやらパラノイアックな空気を感じたりもして、腰が引けたというよりは、その辺りに違和感を覚えたというのが本当のところだ。

この本自体は確かにおもしろいのかもしれない。しかしそれは作者の鉄塔に対する過剰なまでの愛情がそうさせたのであって、小説として、物語としてそれはどうなのか、と。作家としてそれはどうなのか、と。
もっと言えば、そういう作家に(つまり二作目、三作目が期待できるかどうかわからない作家に)新人発掘の場としての文学賞を与える審査員の考えは、一体いかなるものか、と。
いや、そう具体的に考えたわけではないけれども、言葉にすればそういうことだ。

で、いま振り返ってみれば、銀林みのるはその後ひとつの新作も出さずに現在に至り、その点では僕の危惧の通りになった。

と、なにやらつまらぬことでイバっているみたいだが、そうではない。むしろ不明を恥じている。当時の自分の胸倉をつかんで言ってやりたい。「つべこべ言わずにとっとと読め!」と。

銀林みのるが、ひょとしたら永遠にこれ一作で終わる作家かもしれない(ずーっと新作を執筆中という話も)のは、銀林が書き手として未熟だからでは、少なくともない。
それどころかこれほどの力量の持ち主はそうはいない。言葉の一つひとつが慎重に、しかしアグレッシブに(というより、小説の文章においては両者はむしろ同じ事柄の表と裏だが)選ばれていることは、書き出しの数ページを読んだだけでわかるはず(あの時の僕にはわからなかった)。
小学5年生の男の子の第一人称で、この年代の少年の心理を生き生きと描き出すことを主眼としながら、その人称代名詞を「わたし」にした(かなり長じて後に当時を振り返るかたちにした)センスも、並大抵のものではない。

少年が送電線の鉄塔を1本1本辿っていく話が、これほどおもしろい、ドキドキするような冒険譚になると、一体誰に想像できるだろうか。
文章部分と同じくらいのボリュームで掲載されている、ちょっと見たところではどれも同じようにしか見えない大量の鉄塔写真に、作者以外の人間がこれほどの愛着を覚えるようになると、一体誰に想像できるだろうか。

作者が幼時より鉄塔に強い愛情を抱いていたこと、語り手として稀なセンスをもっていたこと、その愛情とセンスこそが、作者をして鉄塔を中心に据えた小説を書こうと思い立たせたこと、その情熱が、小説作品に大量の(興味のないものが見たらどれも同じようにしか見えない)写真を組み込みたいと強く希望させたこと、そして異様ともいうべきその希望を編集者が受け入れたこと。
この本は、それらの要素が重なって初めてこの世に姿を現した、本当に奇跡のような作品なのだ。

この先この作家がほかにどのような作品を残しうるか、などは、これに比べれば大した問題ではない。

初刊時の新潮社の単行本では、作者が望む写真をすべて収録することはできなかった。それでも340枚という大量の写真が本文ページの合い間に挟まれた。同社が文庫化したときには収録点数はそれより増えたものの、写真はすべて小さく巻末にまとめられた。
今回のソフトバンク文庫版で初めて作者が望む配置で、望む点数の写真が完全収録された。ソフトバンククリエイティブに拍手。

ただ、惜しむらくは文庫という物理的制約から、写真が小さく印刷も上出来とは言いにくい。作者が狙ったとおりの効果がすべての部分において出ているとは残念ながら言えない。
ソフトバンククリエイティブには、この形のまま写真印刷にふさわしい紙や判型を使った愛蔵版をぜひとも出していただきたい。文庫の値段の5倍くらいまでなら必ず買う。
そして銀林みのる氏には現在執筆中の作品をぜひとも完成させていただきたい。どのような形で出版されようとも絶対に買う。少なくとも次の一作は。

|

« 「コミック版」 | トップページ

コメント

maimaiさんが、ここまで誉める本という事で、俄然興味が湧いてます。
やべぇ…すごくオモシロそうです。。
つべこべ言わず、とっとと読んでみたいです。
とは言いつつも、決してつべこべは言いませんが、ちょっと時間を頂いてから読んでみようと心に決めましたです、ハイ。

投稿: 周兵衛 | 2007-11-10 23:32

ヘンな本ですよ。81本ある鉄塔をただ順番に辿っていくだけの話なんだから。それがどうしてこんなに面白くなるのかというのが、「小説の力」っつーことなんですけど。

投稿: maimai | 2007-11-13 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126122/16983892

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄塔 武蔵野線』 :

« 「コミック版」 | トップページ