« 『蜂の巣にキス』 | トップページ | 『鉄塔 武蔵野線』 »

2007-03-10

「コミック版」

Comicbunntai  こんな本が出てたのね、昨年の9月に。ちっとも知らなかった。

 『コミック 文体練習』 マット・マドン 国書刊行会

 現在の生活の方が、以前のそれよりも本に近いようで実は遠いというのが良くわかる。
 1年前までならこういう本はまず見逃していない。

 レーモン・クノーの『文体練習』は、メチャメチャにおもしろい本だったが、このコミック版もなかなかのものだ。

 バリエーションが全部で99通りなのも「原典」通り。雛形となるのが何の変哲もないエピソードなのも「原典」と一緒だ。ただ、コミック版の方のそれにはオチらしきものがついている(つまりまがりなりにもコミックとしてひとつの作品になっている)のに対し、「原典」の方はもっとニュートラルで、単独では成立しない文章である分、「練習」の果敢さがより引き立つ気がする。なにより、クノー(と訳者)の超絶技巧に比べてこのコミック版の作者の技巧は、たぶん一段も二段も落ちる。
 しかしまあ、思いついたもん勝ちということで。
 充分に楽しみました。何回か読み返しているが、そのたびに新しい発見がある。

 こういう場合の権利関係がどうなるのかはよく知らないが、日本ではできれば寺田克也あたりに同じことをやってもらいたい。古屋兎丸でも可。つーか、こういうのきっと好きだと思う、2人とも。

|

« 『蜂の巣にキス』 | トップページ | 『鉄塔 武蔵野線』 »

「本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126122/14213728

この記事へのトラックバック一覧です: 「コミック版」:

« 『蜂の巣にキス』 | トップページ | 『鉄塔 武蔵野線』 »