« 『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』 | トップページ | プライドと偏見 »

2006-02-12

2005年SFベスト

 もう、これが出る季節になった。さっそく買ってきてチェック。
     ↓
 『SFが読みたい! 2006年版』

 「海外篇」は、ベスト10中9タイトルを購入し、8タイトルを読んでいる。僕としては近年にない高打率(<何の打率だ?)。
 『ディアスポラ』(グレッグ・イーガン)の1位は、2位以下につけた大差も含めて納得。もっと差がついても良いくらいだ。その他の順位もほぼ順当だと思う。
 ただひとつ理解できないのが『啓示空間』(アレステア・レナルズ)の3位年間ベストに名を連ねるような作品なのだろうか。

 一方国内篇は、ベスト10の中で既読は3冊。20位まで広げても1冊増えるだけ。昨年を代表する20冊のうち4冊しか読んでいないのだから、やはり僕は日本SFファンとは言えない。
 しかも、その4作のうち、僕の中で半ば埋もれていたSFへの愛を掘り起こしてくれた『現代SF1500冊(乱闘編 1975―1995 回天編 1996‐2005)』(大森望)以外は全然感心できない。一昨年は日本SFには随分おもしろいものがそろったような気がしたが、今年は波長の合うものに出会わなかった。
 そもそも文章のヘタな作家は嫌いなのだ。「○○節」とか何とか言葉を飾ろうとも、ヘタはヘタ。誰とは言わんが。

 文章の巧拙のことで言えば、SF界に限らず何でこの人小説家なんだろうというくらいヘタな人はときどきいる(何かきょうは凶暴な気分だな)。
 たとえば誰かが煙草を吸うときには必ず「紫煙」という言葉を使わないと気がすまない某冒険小説作家とか。主人公が(おそらく)ヘビースモーカーなので、「紫煙をくゆらせた」だの「立ちのぼる紫煙を眺めた」だのといった表現が数ページおきに出てきて、五月の蝿である。誰とは言わんが。

 別に読み巧者ぶるわけじゃないのだけれど。マンガに関しちゃ画力は別に問わないが、小説の場合は、たまたま読んだ話がおもしろいなと思っても、文章が一定以上の水準に達していないと好きになれない。翻訳ものはその辺のハードルが低くなる(というより訳者に左右されるという思いがあるから無意識的にハードルを低くしている?)。
 だから日本SFは(一部の例外を除いて)あまり読まないのだな、と憎まれ口を利いてみる。

|

« 『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』 | トップページ | プライドと偏見 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

> 何かきょうは凶暴な気分だな
おいらもだ。
本屋でチラッと見たけど、確かに国内篇では自分が読んだ数少ないとある一冊が上位にランクされていたが、あれが上位じゃ全体のレベルが知れると言うもんだ(いや別に悪い作品じゃないけど、そこまでか~?と言う感じね)。

本書は所詮はハヤカワが出しているので、どっかで票操作してるんじゃ無いかと勘ぐられてもしかた無い気はする。もしくは投票の総数が少なすぎて統計学的に有意じゃ無いのかな?(日本のSF小説読者人口ってどれくらいなんでしょ)

投稿: FaianchCha | 2006-02-14 20:37

>国内篇では自分が読んだ数少ないとある一冊

というのは、きっと前に言ってたアレですな。
そうですか。

>別に悪い作品じゃないけど、そこまでか~?

そういう感じなんだ。

>日本のSF小説読者人口ってどれくらいなんでしょ

それはSF読みの永遠のテーマですな。最近SF出版が好調のようだが、自分のことを考えてみれば対前年比5割増くらいでSFを買ってる。要するに狭い世界でまわしてるだけなんじゃないのか。SF読者人口が増えている気は全然しない。

投稿: maimai | 2006-02-15 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126122/8609079

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年SFベスト:

« 『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』 | トップページ | プライドと偏見 »