« 祭りの終わり | トップページ | 今さらですが「マトリックス」について »

2005-09-21

最近の〈観た〉〈読んだ〉

このごろ読んだ本。

 (1)『ザ・フェミニズム』 上野千鶴子・小倉千加子 ちくま文庫 ★★★
 (2)『オスとメス=性の不思議』 長谷川眞理子 講談社現代新書 ★★★★★

 (1)はまるまる一冊が二人の対談。文庫化を機に読んでみた。
 (2)は、(1)と併せ読むと、とても興味深い。名著です。

このごろ観た映画

 (1)「バルカン超特急」 監督:アルフレッド・ヒッチコック 1938年イギリス ★★★
 (2)「サイコ」 監督:アルフレッド・ヒッチコック 1960年アメリカ ★★★★★
 (3)「裏窓」 監督:アルフレッド・ヒッチコック 1954年アメリカ ★★★★
 (4)「燃えよドラゴン」ディレクターズカット 監督:ロバート・クローズ 1973年アメリカ・香港 ★

 いずれもDVD視聴。
 (1)~(3)は、少し前に『ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学』(加藤幹郎著・みすず書房)を読んで、改めて観たくなった3作。(1)はともかく、(3)もレンタルショップになかったのには驚いた。書店とセットでの出店し展開している某大手レンタル店。店名を蔦重にあやかった
にしては志が低い。
 (4)はわが青春の1ページ(笑)。いまさら言うことでもないが、脚本にしろ演出にしろ、ろくなもんじゃねー。とくに(1)~(3)を観たあとでみると、そのお粗末さが浮き彫りになる。同じ「監督」と名がついても、ヒッチコックとロバート・クローズのやっているのはまったく別のことだ。
 分かってはいるけど、今でもときどき観たくなる。いかにブルース・リーの肉体が素晴らしかったかということだ。ブックオフで750円だったので購入。

 ちゃんと感想を書けばよいのだが、ちょっと元気がない。機会があればいずれ。特に『オスとメス=性の不思議』は、本当はちゃんと紹介したい。くどいようだが名著です。

|

« 祭りの終わり | トップページ | 今さらですが「マトリックス」について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126122/6055398

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の〈観た〉〈読んだ〉:

« 祭りの終わり | トップページ | 今さらですが「マトリックス」について »