« 『宇宙の果てのレストラン』 | トップページ | 祭りの終わり »

2005-09-17

アンバランス

 きょうは娘の小学校の運動会。ここ2年ほどあまり天気に恵まれない年が続いていたが、今年は快晴。気持ちのいい一日だった。

 運動神経はあまりよくないのではないかと思われた我が娘も、このところ成長著しく、今や、クラスでも足の速いほうに属するとのこと、今年はリレーの選手に選ばれて、親も少々張り切った。なにしろ、いまどきの運動会(小学校の)は一家総出の行事だ。

 しかし、ほかの学校の事はよく知らないが、何事にも限度というものがあるはずだ。うちの学校は朝6時から校門が開いて、観戦場所を確保しようとする親が、われ先にビニールシートを敷きに行く。以前は7時半とか7時とか、それなりの時間だったのだが、校門前に長蛇の列ができるようになり、父兄要望を聞いて朝6時に早まったらしい。もっと早くしてほしいという声もあったが、電車をつかわないと来れない家庭のために「6時」に落ち着いたらしい。

 おかげで我が家でも、誰かが(大体は妻だが)6時に学校へ行ってシートを敷いてくる(敷くだけ敷いて、いったん家に戻って正規の時間に出直す)。それだけでも常軌を逸していると思っていたのに、少なくともここ2回は、前の晩から、繰り返すが運動会の開かれる前の日の晩から校門の前に徹夜で並ぶ親がいるのだ。今年に関して言えば、勤め先からの帰りに学校の前を通りかかった妻の証言によると、遅くとも午後6時半にはすでに並んでいる人がいた。

 早朝から起きて手のかかった弁当を作るくらいは良い。朝6時に校門に並ぶのもいいだろう。たかだか子どもの運動会を見る(よい映像を撮る)ために、いい大人が夜寝ないで場所取りをするというのは、どう考えてもバランス悪すぎるだろう? 

 少し考えていただきたい。いったいこの国はどうなるのだろう?

 それはともかく、今年の運動会は、天気もよく、リレーでは娘のチームが優勝し、娘も上機嫌、親も脚立持参で撮影に臨んだかいあって、よい絵が取れて大満足ではありました。

 なんだかなあ。

|

« 『宇宙の果てのレストラン』 | トップページ | 祭りの終わり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

校庭が狭いのでしょうか? ウチも昨日運動会でしたが、そんなことはないですねぇ。いい席を狙ってる人はやってるのかもしれませんが。。地区ごとに陣地もきまってますし。前もって学校からは「シートは当日の朝敷いてください」とありましたが。。後で見れないのが最大の欠点なんだけど、潔く何も撮らないと肉眼で見れて感動も一入ですけどね。幼稚園は過熱気味だったのでそのとき思ったのですが、専属のカメラ担当をその日だけ雇って全部お任せして親はカメラもムービーも持たないことにしたらいいのにね。でもそれだと売れなくて困るのかな。

投稿: ミノ | 2005-09-19 12:03

>校庭が狭いのでしょうか?

 それはあるかもしれません。僕らが(朝6時ころノコノコ出ていって)とれる場所からでは、競技の様子はほとんど見えないから、撮影するしないに関わらず、競技の様子を見ようと思ったら、自分のシートを離れてそれなりの場所(撮影者用に確保されていてシートなどを敷けないようになっているところなど)に行かなければならない。
 つまり、早くから並んで良い場所をとった人は自分の席からすべての競技が観戦できますが、そうでない人は、自分の子どもが出ているときだけ競技が見える場所に遠征するしかないわけです。それとも一日中立ちっ放しでいるか。

 それとは別に、ビデオやらカメラやらで撮影しなくてもというのもあるんだよね。どうもミノさんのようには思い切れない。映像に残さないと損をするような気になってしまうんですな。しかし、娘の姿だけレンズ越しに追っかけてると、一体彼女がレースの中でどういう位置どりで走って何着でゴールしたのか、さっぱり分からなかったりする。
 それも含めて「何だかなぁ」です。

投稿: maimai | 2005-09-19 12:42

うちのムービーはものすごく昔の8mmで、大きいし、電池がすぐ切れてしまうもの。デジカメは今使ってるパソコンでは移せなくてもう満タンなので消去して数枚分何とか空けたもの。というわけで撮りたくてもろくに撮れなかっただけなのです。でも肉眼で見るのってよかったです。。専属カメラマンがほしい。でも朝の6時に行くのが「のこのこ」なんて、やっぱりすごいね。そちらは生徒数多いんでしょうね。いなかでいい点もあるんだなあ(席取りのこと)。

投稿: ミノ | 2005-09-22 21:19

>いなかでいい点もあるんだなあ

 いや、こっちも田舎。ただし大都市圏の田舎だから、少子化のこの時代に子どもが増えている。娘の学校は基本的には1学年4クラスだが、娘のひとつ上の学年(5年生)は去年まで3クラスでした。今年の1年生は多いので5クラス。畑の真ん中にどんどんマンションが立ってますからねぇ。 

投稿: maimai | 2005-09-23 18:48

>運動会の開かれる前の日の晩から校門の前に徹夜で並ぶ親がいるのだ。

これは、既に異常です。
たまごっちやプレイステーションなどのゲームを購入するために(それも子供に頼まれて)前の晩から店の前に並ぶ親たちの愚かな姿が、以前注目されましたが、まあ、これは家庭内でのことですから、その親にしてその子あり、あおの子にしてその親ありで済みますが、

運動会は、教育の場での行なわれるものです。何のために行なわれている体育行事なのか、誰のために運動会なのかということに立ち返れば、そもそも、そうした異常なことが学校現場で起こらず、また起こったとしても自粛されて収まるものですよね。

賢明な親御さんが現れることを子供たちのために期したいと思います。

投稿: gekkouinn | 2005-09-28 19:10

誤字の訂正

>あおの子にしてその親ありで→その子にしてその親ありで

>教育の場での→教育の場で

>誰のために運動会なのか→誰のための運動会なのか

失礼致しました。(汗)

投稿: gekkouinn | 2005-09-28 19:14

>何のために行なわれている体育行事なのか、誰のための運動会なのか

 おっしゃる通りです。
 ただ、徹夜で並ぶと言っても、それはごく一部の人たちで(たぶんです。夜中に確認に行くほど物好きではない)、それがあんまり珍しいものだからネタにしたようなところもありまして。ちょっと反省。

 それに、程度の差こそあれ、私もわが子をチヤホヤする親であることには変わりなく、目くそ鼻くその世界を笑っているに過ぎないかもしれない。
 何が異常かということの感覚を失いたくないとは常に思っていますが、そんな私のことを「近頃の親はまったく…」などと言いながら呆れている人もいるのではないか、という話ではあるわけです。

投稿: maimai | 2005-09-28 22:55

生物学的に、社会的に「親になる」ということは、自然なことであり多くの人にとってはさほど困難なことではございませんが・・・・・・
「親である」と言えるようになるということは、本当に大変なことですね・・・・

我が子を愛する思いは、究極、我が子を心身ともに自立させてやるという責任と使命感に覚醒することだ。この二十数年、そう思いそう考え、二人の子どもを育ててまいりました。

親であることは、時に辛いものです。(苦笑)

でも、その辛さに向き合い耐え、頑張ってこれたのは、生まれたときにこの腕に抱いたときのあの「おごそかな重さ」を忘れ得なかったからであると最近思います・・・・
無論、輝くような笑顔、わたくしへの全幅の信頼と無償の愛情を、親になったわたくしに注いできてくれた我が子の存在が、わたくしを支えてきてくれたのだと思っております。

maimaiさんも、頑張ってくださいね!(^^)

投稿: gekkouinn | 2005-09-29 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126122/5987887

この記事へのトラックバック一覧です: アンバランス:

« 『宇宙の果てのレストラン』 | トップページ | 祭りの終わり »